初心者におすすめの野菜ジュースレシピ5選

野菜ジュースを生搾りで飲んでみたいと思い立っても、その道は意外と奥が深く、決して簡単でないと思われる方が多いようです。そんなことを反映してか、「初心者でもすぐ始められるレシピを教えてください」「まず何からやればいいんですか?」というような質問を受ける機会が多いように思います。

なので、ここではまず簡単でおいしく、栄養も取りやすいという初心者にもやさしい野菜ジュースのレシピを5つ紹介します。

①ほうれん草・きゅうり・りんごの野菜ミックスジュース

材料:ほうれん草4掴みほど+きゅうり2本+ふじりんご2-4個(大きさとお好みによる)

きゅうりとほうれん草

ほうれん草は最も健康に良いとされる野菜の一つで、豊富な種類のビタミンとミネラルを含みます。例えばビタミンK、ビタミンA(ベータカロチン)、マンガン、エステル、鉄分、ビタミンB群、ビタミンC、カルシウム、カリウム、ビタミンE,鉛などです。

②ケールとミントのパイナップルジュース

材料:きゅうり一本+アップル一個+パイナップル(カップに入った切れているもので可)1カップ+ケールの葉3枚+レモン半個(皮は剥く)+ミント一掴み

ケールとパイナップル

ケールは食物の中で最も栄養の密度が高いひとつとして知られ、ビタミンK・A・C・B6、マグネシウム、鉄分やカルシウムを含有しています。また免疫系の強化や、皮膚の再生、骨の構築、デトックス効果、抗ガン物質などの多くの要素が知られています。ケールに入る栄養素は最低でも5種の癌(乳、結腸、膀胱、卵巣、前立腺)に対するリスク軽減の要因として知られていますし、最近ではそのケールを扱う店も増えてきました。

パイナップルは消化促進や抗炎症作用でも知られるアルカリ性ブロメラインでも知られています。

③ケールアップルジュース

材料:ケールの葉3枚+3-5個のりんご(大きさによる)+レモン半分

りんごとレモン

りんごはどんなジュースやスムージーに入れてもOKな使いやすい素材です。あらゆるジュース/スムージーのベースとして使えるだけでなく、ビタミンやミネラル、ポリフェノール等も含んでいます。りんごは更に、多くの種類があり、ジュース好きにはいろいろトライする楽しみを与えてくれる楽しい素材です。

④スプリングクーラー

材料:ふじりんご一個+きゅうり1本+生姜数センチ+ミント少々

きゅうりと生姜

きゅうりには水分が多く、ミネラルも含まれているので細胞の隅々まで潤してくれる気がしてきます。また、ビタミンK、ビタミンC、マグネシウム、カリウム、フラボノイドなども含有します。スプリングクーラーはその名の通り春風のような清涼感のあるジュースです。

⑤グリーンジュース

材料:きゅうり1本+セロリ2本+コリアンダー(シャンツァイ)一掴み+バジル4枚+りんご2個

セロリとコリアンダージュース

野菜ジュースといえばこの緑色、という王道感のある一品ですが、コリアンダーは重要なハーブで、サルモネラ菌などに対抗する抗バクテリア作用、抗肥満作用、抗鬱作用、血糖値を下げる効果などを持っていると言われています。

バジルはビタミンK、A、C、B6、カルシウム、鉄分などを含み、清涼感も足してくれる素敵なハーブです。

image source:Greenjuiceaday