パセリジュース完全ガイド

パセリ・ジュースの治療効果と健康作用

  • 口臭・体臭を改善する
  • 体内の毒素を排出する
  • 活力を漲らせる
  • 神経を刺激する

パセリ・ジュースの栄養

パセリは非常に栄養分の凝縮された緑色野菜であります。それは「植物性化学物質の効用を含んだマルチビタミンの宝庫」とも言い換えられます。カップ一杯のパセリにはカロリーで言えばたったの22カロリーしか含まれていませんが、しかしその中には一日のビタミンCの摂取量の133%が含まれているのです。(ビタミンAで言えば101%、鉄分で言えば一日に必要な量の22%が含まれています。)他にもパセリには食物繊維、ビタミンK、カルシウム、マグネシウム、カリウム、銅、マンガン、タンパク質、ビタミンE、シアミン、リボフラビン、ナイアシン、ビタミンB6、亜鉛、リン、パントテン酸が含まれています。

パセリジュース植物性化学物質と酸化防止効果

パセリは私たちを元気にしてくれるクロロフィルを豊富に含んでいます。例えるなら、血中に酸素を供給する鉄分と同じ働きをしてくれているのです。のみならず、パセリには腎臓、肝臓、泌尿器官を洗浄する効果も確認されています。それだけではありません。パセリは消化酵素を刺激することで胃もたれの解消にも一役買っているのです。パセリの効果はまだあります。パセリには腸内の蠕動運動を促進することで結腸の働きを高める効果もあり、長いこと神経刺激剤として使われてきたという経緯もあるのです。そして、これに関してはまだ科学的な裏付けはなされていませんが、世界の食通家達は野菜ジュースの中にパセリをたくさん加えてみたところ、なんと彼らの仕事効率が上がったと証言し、この緑色の野菜ジュースに「エナジードリンク」と名付けたというのです。どこまでが科学的に説明できることかはわかりませんが、こういったプラスの報告は野菜ジュース愛好家にとって嬉しいものです。

おいしいパセリジュースの作り方

最高のパセリの選び方

深緑色をしていて、しぼんだり黄ばんだりしていない。これが栄養を豊富に含んだパセリの特徴です。また、イタリアンパセリとカーリーパセリは栄養価においては同等ですが、イタリアンタイプの方は苦味が弱い反面、パセリ独特の濃い味が全面に出ているということが言えます。

ジュースにする

まずは良く洗います。次に搾取量を最大限にするため、パセリを人参または林檎と一緒にジューサーに通します。

耳寄り情報

パセリは年間を通じて屋内で良く育ちますので、栽培からジューサーにかけるまでの過程を子供さんに実地で教えてあげることができます。もう一つ。パセリに含まれている特殊なクロロフィルにはニンニクや玉ねぎの臭いを中和する効果があるため、ニンニク臭いお口の臭いもパセリを食べれば一転、爽やか吐息に早変わりしてしまうのです。

保存方法

冷蔵庫の中に入れておけば一週間は鮮度を保てるでしょう。

おいしい味のお友に

野菜ジュースに添えられたパセリの養分は血流にダイレクトに浸透し、その瞬間から血中の全細胞に栄養分をもたらします。
カップ一杯のパセリというのはどの野菜ジュースとの相性を考えても最高です。パセリを加えることで全体に緑色の色調が加わる反面、強い臭いが出てしまいます。しかし、レモンを半分加えることによってこの刺激臭は緩和されます。だから野菜ジュースを飲む時には必ずレモンを入れる人が多いのです。