りんごジュースの効能とレシピ

世界には1400種類ものりんごがあり、世界中で色々な種類が食べられ、飲まれています。リンゴジュースは世界中で色々な形で飲まれており、季節を問わずに飲まれる世界で最もポピュラーなジュースのひとつだと言えるでしょう。

りんごジュースの健康効能

  • 消炎効果
  • 抗ウイルス
  • デトックス効果
  • 消化器官を掃除するクリーニング効果
  • 腸の動きを活発にする
  • 肺がんなどの防止効果

リンゴジュースに含まれる栄養

リンゴジュースりんごはビタミンCの供給源として大変優れており、ペクチンや繊維質も豊富に含まれていますが、実は、他の果物と比べるとミネラルやビタミンの摂取量は少ないと言われています。ではなぜ「一日一個のりんごは医師を遠ざける」という言葉が生まれたのでしょうか。

それは実はりんごのほとんどの栄養が集まる皮の部分に秘密があるのです。

りんごの皮にはケルセチンと言うフラボノイドが含まれており、ヘルペスなどのウィルスを殺す効能があることで知られています。ケルセチンは他に、前立腺炎や慢性膵炎、痛風などの炎症症状を抑える薬としても用いられ、癌への予防効果に関しても研究がなされているようです。

ケルセチンのサプリメントを摂るだけでは効果を得るには十分ではないようで、研究者はりんごに含まれるフラボノイドがベストだと言っているようです。また、豊富に含まれるペクチンが腸の活動を活発にするなどの健康効果があり、抗炎症以外の他の効果も期待できるようです。

 

フレッシュアップルジュースの究極レシピ

おいしく健康にいい生搾りのりんごジュースの作り方を紹介します…

  1. りんごを洗って、切ります。
  2. ジューサーにかけます。皮や種など、全部をジューサーにかけてしまいます。

これで終わりです。色々と試しましたが、本当にこれが一番おいしく、自然で、何も引かない何も足さない究極のアップルジュースだと思います。

朝ジュースあまりにも簡単なので、少しアドバイスを。

  • りんごを絞ってからある程度の時間放置すると、茶色く変色してしまいます。これは自然なことで、りんごジュースの味や栄養には影響がありません。でももし茶色になるのが嫌でしたら、少量のレモンを加える事で変色を抑えることが出来ます。
  • りんごの選び方は、柔らかいより硬いもの、ワックスを塗っていないものがおすすめです。

りんごジュースと合うコンビネーション

りんごはほぼすべての野菜ジュースとコンビネーションになることができます、例えば人参、セロリ、レモン、アップルのジュースカクテル(スムージー)などはポピュラーな一品だと言えるでしょう。