にんじんジュース完全ガイド

にんじんジュース二千年ほど前、アフガニスタンに住んでいた人々が人参の甘い根っこを発見したのがにんじんの起源だと言われています。そこから、どんどんと周りの地域に広がり、インド、中国、日本まで広がったかと思うと、エリザベス王朝の時代にはイギリスまで広がり、現在21世紀では世界で最も知られた野菜の一種であり、健康にいい食べ物としても広く知られています。

にんじんは消化に良く、肝臓から余分なコレステロールを輩出させる働きがあるとされ、血流の改善や神経系を落ち着かせる役目も担うと言われています。また、キャロットジュースは肝臓や消化器系のデトックスのために飲まれることもあります。

にんじんジュースの効能

  • 血をアルカリ性にする
  • 目・視力によい
  • 消化器系のデトックス効果
  • 肝臓のデトックス効果
  • コレステロールを下げる
  • 腎臓結石を予防
  • メラノーマ・皮膚がんの予防効果
  • 神経系を落ち着かせる効果(リラックス効果)

ニンジンジュースに入っている栄養

人参とベータカロチン人参のような根菜はその豊富な栄養を大きな根の部分に蓄え、年々の発達に使用します。このため我々が食する根の部分はビタミンやミネラルが豊富に含まれます。

一本の人参には約30カロリーほどしか含まれていないにもかかわらず、我々が一日に必要なビタミンAの約330パーセントが含まれており、コップ1杯のにんじんジュースには20000ミリグラムものビタミンAが含まれることになります。ビタミンAをサプリメントで人工的に摂取した場合の毒性が指摘されることがありますが、自然な野菜から取る分には安心なため、にんじんジュースは理想的なビタミンA補給だと考えられています。

また、にんじんには歯や骨の成長に欠かせないカルシウム、ビタミンC、B群、鉄分、カリウム、リン、ナトリウムなども含有しています。

にんじんジュースの植物学と抗酸化物質

人参に入っているビタミンA(ベータカロチン)はフリーラジカルと戦う事が知られています。フリーラジカルと言うと馴染みがありませんが、要は癌のもととなると考えられる悪い物質のひとつだそうです。私たちは皆悪い細胞が増殖するのを防ぐナチュラルキラー細胞という免疫システムを持っていますが、このナチュラルキラー細胞の強さが、ベータカロチンを摂取しているグループの方がより強かったと言う研究結果がボストンの医学者のグループから発表されたこともあるそうです。

ベータカロチンをサプリメントとして錠剤で取る人も多いようですが、サプリメントが自然のものに勝てないのは直感で誰でも分かる事です。自然にベータカロチンを摂取する方法としてはやはりにんじん、特に飲みやすいキャロットジュースとして摂取するのは最適な方法と言えるのではないでしょうか。

美肌効果もある人参

にんじんの中のベータカロチンは皮膚がんの一種であるメラノーマなどに対しても自然な対抗力を発揮するだけでなく、陽に当たることによる皮膚へのダメージからも保護する役目があるそうです。また、にんじんジュースを飲み始めて数週間で、ソフトでつやのある美肌になるような効果も期待できるそうです!